火事のできごとと今から

火事のあれこれの日記

火事の原因

すぐに母に火事の原因を聞くと、一切予想もしていなかった答えが返ってきました。

蚊取り線香

それを聞いて絶句しました。

 

実家は平屋でした。母がいつも過ごしていた部屋から一番向こう側にある部屋の前に、母にしか懐いていない凶暴な犬を繋いでいるのですが、その犬のためにいつも蚊取り線香を置いていたそうです。

でも、その犬は蚊取り線香をいつも悪戯したり倒したりしていたそうで、ついにそれが火事を起こしてしまったそうです。

母は、そこから離れた部屋で夕飯も食べ終わり、うとうとしていたそうですが、なんだか煙くさいのに気が付き、部屋の襖を開けたらもう向こうの部屋は火の海状態だったそうで、靴も履かずに身一つで飛び出して、近所に助けを求め、近所の人が消防署に通報してくれたそうです。

てっきり、電気がショートしたとか、料理をしていて火を消し忘れたとか思っていたら・・・さっき、吠えまくってきたあいつ。

 

もう、心の中に湧き出たのは、呆れる気持ちとか小さな怒りとかでした。

私の人生は、母の犬病のせいでずっと苦しめられ、最後は母がちゃんとしつけもできずに増やした犬のせいで実家まで破壊された。

いやもう、犬のせいと言うよりも、結局は母のせい。

母も、適当に生きてきたせいで、結局そんないわば阻止できたことで大惨事を起こしたのです。

そんな何度もその犬が悪戯したり倒しているなら、蚊取り線香なんて置くのをやめれば良かったのに。それだけのことなのに。

結局、母の考えの浅さや世間知らずさがこんなことに・・・

 

だけど、目の前で明らかに落ち込んでいる母を責める気にもなれず。

私はただただそのくだらない原因に、そんな事実に、ショックを受けていました。

 

いとこのおじさんはなぜか、いや自分が原因だと言います。

話を聞いてみるとどうやら、今日冬用の厚めの布団をいとこのおじさんが母の元に持ってきてくれたそうです。

おじさんは、その布団が厚くて良く燃えるから、だから火が広まってしまったんじゃないかと、気にしているのです。まったく、何も悪くないのに。

そして、私達は洗濯機のせいだと思い・・・

 

なんだか、実際はこんなものなのかもしれないとも思いました。

思いもよらない

 

旦那が母に「今日買ってあげた洗濯機が原因だと思った」と言うと、「それは違う。洗濯機2回しか使ってないのに、せっかく買ってもらったやつ燃やしちゃった。」と母が答えました。

旦那がそこで母に言ってくれた言葉は、「それなら良かった。一応使ったんだね。全く使わなかったんじゃないから良かった。」という温かい言葉でした。

私が母に、優しい言葉や慰めの言葉をかける気にもなれない中、旦那が代わりに声をかけてくれていました。

 

 

ランキング参加中です。


全般ランキング


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ

 にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村

 

 

夜の中、火事の実家へと向かう。

レンタカー屋は、いつも借りているところには断られてしまったので、初めて借りるところでしたが、事情を話すとすぐに手配をしてくれて、もし期日を延長したいなら遠慮なく電話してくださいと言ってくれて、とにかくありがたかったです。

間接的に、これもまた助けてもらっているんだなと感じました。

 

車の中ではずっと、旦那となぜ、どうしてと原因を話していました。いくら話したところで、わからないけど。

何度かいとこ達から電話が来ます。その辺りでもう夜の10時近くになっていたので、火は消し終わり、消防車なども撤退したようです。

現地に今いると言ういとこのお兄ちゃんからは、ちょっともう住めるような状態ではないと聞かされました。

 

そして、警察に行ってくれたいとこも電話をくれて、今は母と一緒にいてくれていて、今夜はひとまず家に泊めてくれるとのことです。

そして、服にすすがついているから、もし途中でやっている店とかあったら、買ってきてあげて欲しいと言われました。

その向こうで、「いいよ。この服で過ごせるから」と母の声が聴こえました。やっとここで、声が聞けてまた少し安心しました。

 

「とにかく焦らずに来いよ。こういう時は、事故も起こしやすいから、何時になっても構わないから。」

いとこからはそう言ってもらいました。

母と話したい、理由も聞きたい、そう思ったけど、なぜか電話をかわってほしいと言えませんでした。

 

旦那も落ち込んでいます。

「今日、買ってあげた洗濯機かな?電気とかショートしてしまったのかな。俺が洗濯機、買ってあげなきゃ良かったのかな。」

原因はとにかく気になります。でも、あのゴミ屋敷じゃ、いつどこから火事が起きても不思議じゃなかった。なるべくしてなった気はする。

 

それでも母がとにかく無事であること。そのことだけが救いでした。もし、そうじゃなかったら、今頃会話すらできていなかった。

いつもは、好きな音楽をかけたり景色を楽しんだりして、あんな家でも地元に帰れることが笑顔溢れる道なのに、夜ってこともあるけど、景色なんて暗かったことしか覚えていません。そして、何の音もしていなかったです。

 

そのうちにいとこからもう一回電話がありました。

家について向こうの部屋でいったん休んでもらっているけど、かなり落ち込んでいる様子だと言われました。

そして、本人はいらないと言っていたけど、いつまでもすすのついた服を着ているのは可哀想だからやっぱり買ってきてあげて欲しいと。それから、靴もはいていないようです。

 

地元に着いたのはもう夜中の12時を過ぎていましたが、ドンキホーテが夜中でも開いてくれていたので、そこで数枚の衣類や靴などを買う事ができました。

そして、いとこの家に行く前に、いったん実家を見に行きました。

車を停めて、細い道を歩いて家に向かいます。それでもまだ、何かの冗談で会って欲しいと思いながら。

でも、家の入り口に着いて見えたのは、いつものゴミ屋敷状態のおんぼろの家ではなく、すっかり変わり果てた実家の姿でした。

もはや向こう側が見えるくらいに壁が燃え落ち、屋根と柱と燃えカスだけになっていました。そして、焼け焦げた匂いが充満していました。

見慣れた景色はもうどこにもありませんでした。

ショックではありましたが、不思議と悲しいとは思いませんでした。涙も出ませんでした。

相変わらず、外につないである母にしか懐いていない凶暴な犬が、凄い勢いで吠えていました。

 

不幸中の幸いがもうひとつありました。

家のすぐ隣に建っているいとこの別荘には、一切火は移らなかったらしく、何も変わらなく見えたことです。

 

よく見たい気持ちはあるけど、夜中で真っ暗だし、いとこの家で母も待っているので、5分ほどで切り上げました。

再び、車を停めてある場所へ戻ると、ちょうど消防員さん達が火が再び燃えていないか確認に来てくれたところでした。

挨拶をして、また車で5分ほどの距離にあるいとこの家へ向かいました。

 

到着するなり、いとこのおじさんが「大変だったな」と出迎えてくれました。

いつもは笑顔で出迎えてくれるおじさんも、初めて見る顔をしていました。

そして、おじさんと一緒に出てきた母が「大変なことをしちまったよ」と泣きそうな声で呟きました。

その家に住んでいるいとこの兄も出てきて、とにかく家にあがりなと入れてくれました。

 

あんな空気は、初めてでした。

悲しいとも違う、ただ重い空気。

これから、どうなるんだろう。どうしたらいいんだろう。

母のあんなに落ち込んでいる顔、小4の時におばあちゃんが亡くなった時のような、でもあの時以上に、絶望しているようなそんな顔。

直視できませんでした。

私達のこれからが何も見えないような、本当に夜のど真ん中でした。

 

 

 

ランキング参加中です。


全般ランキング


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ

 にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村

 

 

 

その日

 

その日は夏が終わり、秋が始まっている季節だと言うのに、まだまだ暑い日でした。

車で3時間ほどかかる場所、私の地元で一人暮らしをしている母は、私から見てもかなり気ままに自分勝手に生きている人で、身内からもなかなかの強烈な性格だと言われているような人物です。

そんな母が火事を起こし、実家を全焼させました。

幸いにも、母は怪我もしておらず、そのことには大きく救われましたが、それから大変な時間を過ごしました。

何をどこまで書いていいかわからないけど、普通のと言っていいかわからない”火事”についてと特殊な私の実家の環境の話を織り交ぜに書いて行こうと思います。

火事についての話だけを読みたい方は、火事(下記:その日から)の方へ飛んでください。前置きも長くなります。

 

母と実家について

実家は、いわゆるゴミ屋敷状態でした。

私は私生児で生まれ、家は母と私の二人家族でした。

母は片付けができない性格で、なのに人から物をなんでももらって家にため込んでしまうのです。

その上、今問題視されている多頭飼育崩壊でもう家は目茶目茶でした。私がまだ家に住んでいた頃(学生時代)は、母が集めたと言うべきか、増えた犬や猫によって、多大な被害を被り、それでも私から見たら、母にとっては娘の私よりも犬猫の方が大事にしか見えませんでした。

とは言え、私が家を出て、母もある程度歳をとり、一時のピークよりはだいぶ少なくなりましたが。

私が一人暮らしを始める時に、私の部屋には犬猫を入れないでと釘を刺した部屋にも、あっという間に犬猫を入れ、挙句掃除もしないので、4部屋あった家も一部屋づつ崩壊して行き、私は帰りたくてもほとんど実家には帰れないような状態でした。

だから、どんなに仕事や人間関係に疲れて、地元に帰りたいと思っても、帰る場所がなかったから、病気になろうが強く生きるしかなかったなぁと本当に思います。

 

火事の起こる二週間前、私は旦那と日帰りで実家に帰っていました。

とは言え、いつものことながら、泊まれる部屋もないので、日帰りで帰るほかないのです。

その最後に実家に帰った時は、実家のテレビと洗濯機が同時に壊れ、いつものように母から新しい物を買って欲しいとせがまれ、その設置のために帰っていました。

でも、その日は私は母に腹を立てていたので、実家には足を踏み入れず車の中で待っていました。

 

母は、私が高校生になり学費のためにバイトを始めた頃からずっと、お金の無心をしてくるようになり、私は実家から電話がかかってくると、いつも身構えていました。

ただ、渡したお金は生活費に遣われるわけではなく、犬を買ってしまうのです。

もうお金がない、このままでは食べ物を買うお金もない。そう言われてしまえば、子供側からすれば渡すほかないし、自分も派遣の仕事だったため、そんなにお給料もありません。

母にお金を渡せばその分、自分も何かを諦めたり、節約しなければならなくなり、また、自分投資もできず、そんな状態でした。

なのに、実家に帰ると、新しい犬がいるのです。私の渡したお金は生活費ではなく犬を買うお金なのです。

そんなことに心底うんざりしながらも、たった一人の肉親なので、身捨てることはできずに、ここまで来ました。もちろん、そんな親でも大切なのです。

 

私が病気で仕事を辞めることになり、旦那と結婚してからは、お金の無心は少なくはなりましたが、それでも当たり前のように物をねだってくるのです。

そして、その一時帰省した日は、結婚資金としてくれたはずだった少しのお金を、いつしか預けたお金だと言われ、そのお金を返してくれと言われて、私は再びうんざりし、車から降りるのも嫌になって、冷たい接し方をしてしまいました。

ただ、そんな全部を知っている旦那は、それでも母に優しくしてくれ、そんな私の気持ちを汲んで代わりに汚い実家に入って行ってくれて、それは本当に感謝しています。

でも、そんな自分の行動が、その二週間後、後悔となることになるのです。

 

その日

その日は、私は二週間前の帰省で母に冷たい態度をとってしまったことをその後からずっともやもやと思っていました。

俯瞰的に考えても、母がしている行動の方がとんでも行動なんだけど、それでも子供は親に対して冷たくしてしまえば、もろ刃の剣状態でしかないのです。

次に会った時は、気持ちを切り替えて接するしかないなと、とりあえず次の帰省を楽しみにすることにしていました。

 

そしてその日は、実家で壊れた洗濯機の代わりに新しい洗濯機を旦那がネットで注文してくれて、実家に業者さんが取り付けに来てくれていました。

新しい洗濯機が手に入った母は電話口で上機嫌に旦那と話していました。

 

私は旦那と日中は出かけており、夕方家に帰り夜の7時頃、夕飯を食べ、いつものようにのんびりしていました。

ふと、少し離れたところに充電していたスマホを手に取り画面を見ると、地元にいる親友から電話が3回もかかってきていました。

日中出かけていたので、マナーモードにしたまま気付かなかったのです。

親友とは言え、普段は電話で話すことも少なく、やりとりはLINEのメッセージがメインなので、珍しいなと思いました。しかも3回も連続で。

すぐにかけ直してみたものの、出られない状態なのか、親友は電話にでませんでした。まぁ、またかけ直してくれるだろうと思っていると、数秒後に電話がかかってきました。

でも、親友の名前は表示されて居なく、地元の市外局番からの登録されていない番号からかかってきたのです。

あれ?家の電話からかけてきたのかな?と思い電話に出ました。

もしもし?

でも、電話口から聴こえてきたのは、親友の声ではなく男性の声でした。

 

”すみません、○△警察署なのですが、○○さんで間違いないでしょうか?”

あれ?なんで、地元の警察から電話が来るの?その瞬間、地元で何かあったのだとぼんやり思いました。

一瞬がとても長く感じ、心臓はバクバクよりも、何の話なんだろう?と、そしてふと思ったのは、もしかして母が逮捕された?と思ったのです。

最近、多頭飼育問題で逮捕されるニュースも多いので、それ関係でついに逮捕されたんじゃないかと思ったのです。

でも、続けて聴こえてきたのは、思いもよらない言葉でした。

「実は、今ご実家が火事なんですけど、燃えている状態で・・・」

えっっ!???

絶句してしまいました。その辺で、キャッチが入った音が聴こえてきて、親友が電話を返してくれたのがわかりました。

母は?無事なの?

すぐに思ったけど、電話口の男性の話し方はかなり落ち着いていて、切羽詰まっている感じもなく、そのことが現実味を感じられなかったのです。

だけど、色々と男性が説明をしてくれていたのだと思うけど、あまりよく覚えていません。

確か、家はもうかなり燃えている状態で、今も火を消し続けていてなんていう説明をしてくれていたと思います。

「それで、母は無事なんでしょうか?」

やっと聞いてみると、即答で、「はい。お怪我もされていなくて、今うちの署員と庭先でお話しされています」とかえってきたことになんとか、ひとかけらの安心を手に入れた気分でした。

 

でも、なんで?昼、普通に旦那と電話してたじゃない?

原因はなんなの?

でも、うちじゃないんじゃないのかな。うちの近所で、勘違いされているんじゃないのかな。

とにかく信じられない気持ちで、次から次へと色んなことが浮かびます。

 

「それで、すぐにこちらに来てもらえますか?」「あ、はい!でも向かいたいんですけど、ちょっとすぐには行けるかわからなくて・・・」「お住まいはどちらですか?」「東京の○○区です。」「あー、それはすぐには無理ですね・・・」

そんな感じで話していると、警察の方で同じ市内に住むいとこと電話が繋がったようで、「ひとまず○○さん(いとこの名前)が来てくれるので大丈夫です。」となり、電話を切りました。

いとこの名前が出てきたことで、私の中には現実味が湧き、ああこれはもう勘違いでもいたずらでもないんだと思いました。

そして、旦那に伝えると、同じように絶句して驚く旦那。

すぐに向かわなきゃいけないけど、うちには車がなく、いつも出かける時にはレンタカーを数日前に予約して行っているので、こんなすぐにレンタカーを借りられる物なのか。しかも、借りたら数日は借りっぱなしになると思うので。

とは言え、電車やバスで向かったところで、地元は田舎の車社会なので、足がないと何をするにも困ります。

 

とりあえず、旦那がいつも借りていたところに電話して聞いてみましたが、事情を話してもすぐには無理だと断られ、急いで、違うレンタカー会社を探すことになりました。

旦那が探している間、私は数日帰る用の支度をしなければなりませんでしたが、もうその頃にはパニックで、何かを手にとっては意味のない事をしていました。

その辺りで親友からまた電話が入りました。

「今ね、○○ちゃんの家の辺りで火事が起きているんだけど、まさか実家じゃないよね!?消防車やら何やらでこれ以上近寄れなくて・・・」

「実はね、うちみたいなの。今警察から電話来て。でも、うちのお母さんは無事みたいで・・・」そこまで話すと親友は、「良かったぁーー!!お母さん、無事なんだね!?大丈夫なんだね!?ああー、本当に良かったー。良くはないけど、でも安心した!」と叫びました。

どうやら、親友が見に来た辺りに救急車が来て、ストレッチャーが運ばれて行くのが見えたそうです。

そして、後々聞いた話によると、徒歩5分くらいの少し離れた場所に住んでいる親友の家の方にも煙が流れてきた状態だったそうで、小さな家だけど、凄い火だったんだなと思いました。

とにかく親友と話せたことにちょっと落ち着きをもらって、母の無事を喜んでくれたことにやっぱり親友だなとありがたさを感じながらも、そうこうしているうちにまた別のいとこのお兄ちゃんから電話がかかってきました。

 

いとこのお兄ちゃんからも、まずは母が無事だと言う事を聞けて、そして身内なので近くにも行けているみたいで、警察からよりも詳細を聞けました。

とりあえず、家はかなり燃えていて、平屋だから横に火が拡がっていて、犬の声も聴こえていること。

親友、身内の声に気持ちを落ち着かせてもらいながらも、確実に間違いなく実家が火事だと言う事が身に染みてくる。

ちなみに母は、携帯電話を持っていないので、直接話す事はできませんでした。

 

そして、また別のいとこに電話をし、驚かれながらも、急いで様子を見に行ってみるよと言ってもらえて・・・そんな感じで慌ただしく地元の人達と連絡をとっているうちに、旦那がレンタカーを借りられるところを見つけてくれて、とにかく地元へ向かえる事になりました。

少量の着替えとどこかで必要になるかもしれないブランケットを持って、荷物をまとめて家を出ました。

 

 

ランキング参加中です。


全般ランキング


備忘録・雑記ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ

 にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村